くらげなうぇぶろぐ。

freya鯖在住、プチ強い殴りアコの徒然書。
何の変哲もないWeb日記ですが、楽しんでいただければ幸いです。
CALENDER
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
ヒールのジレンマと桃樹盾。
 結局GWは皆勤だったくらげです。こんばんは。
 今日も持ち帰りでもう一仕事。早いとこ終わらせてお酒飲もう。仕事終えた後の一杯に心癒される毎日です。


 RO。
 久しぶりにクルセを起動して世界を回ってみました。


乳が揺れるってすばらs(以下略。

 ルルカ森で半裸の美女と戯れてみたり・・・って、とあるクエストアイテムと蔦が目当てなんですけどね。当てにくく(必中HIT140)よけにくい(要Flee200強)のが難点ではありますが、ATKが高くないのと攻撃を通しやすいのとで、意外と相手にしやすいMobです。狩場全体を通して、避けやすいか当たっても痛くないMobで構成されてるため、80台から狩りになるんじゃないかと思います。


こいつを除いて。

 ハーピーだけはどうにもなりませんね。なかなか当たらない上にスタンもしません。カードがとても高額なのですが通常ドロップはほぼカス。労力に見合うだけの収入は期待できません・・・。
 それでも殴って倒す馬鹿クルセがひとり。乳が揺れるってすb(以下略。


 そんな破廉恥な狩りを続けてたところ。


団体さんに手洗い歓迎を受けてみたり(ノ∀`)



 さて、表題の件。

 クルセのスキルツリーにはヒールが存在しています。高INTのGXクルセと相性がいいのは言うに及ばず、AGI型との相性もINT値を問わずによかったりします。即ち、もともと少ない被弾をヒールでリカバーすることで鉄板になるということです。AGI型は被弾機会も少ないので、ヒールの運用が難しくないということもあります。
 スキルツリーの関係で高レベルヒールを習得できるのは片手型に限られます。片手型の場合は三減盾が装備できることもあり、適度に避けることのできる狩場での死ににくさは他の追随を許しません。

 さて、そんなヒールですが、AGI片手の場合は効率に貢献しないということが一方で言われています。つまり、アクティブでヒールを使うくらいなら、しろぽ叩いてその分をバッシュなリHXなりに回したほうがいいだろ、と。実際にヒール使いながら狩ってると、アクティブスキルにSPをまわせないことが少なくないんですよね。
 もちろん、ヒールを持ってない人が消費するはずの回復在を消費せずにすむということは、滞在時間の延長に貢献します。しかし、回復アイテムがそれほど高価ではなく、またマップ内でのテレポが事実上無制限であるROにおいては、滞在時間が短くなることがそれほど大きなデメリットにはなりません。
 つまり、現状のゲームバランスにおいては、ヒールの有無に関係なく、AGI片手は回復剤を叩いたほうが経験効率はよくなり、単位時間当たりの金銭効率もよくなります。

 「ヒールを使うと効率を圧迫する」ということは、ヒール持ちのAGI片手にとって避けられないジレンマであり、また永遠の課題でもあります。とはいいつつも、辻しながらまったり狩ってれば満足できるような人(つまりわたしとか)にとっては、それほど大きな問題にはならなかったりもするんですけどね。


 と前置きをした上で、本日のお題はこちら。


おーとひーりんぐっ。

 はい、桃樹盾です。先日の過剰祭りのときに作成したものです。

 まず、桃樹盾の仕様を確認しておきます。
 ・物理攻撃時にASヒールLv1。ヒール10を習得している場合はヒール10が発動する。
 ・スキルでは発動しないが、例外的にプロボックで発動する。
 ・AS発動時にはSPを消費しない。

 ここで注目したいのはAS発動時の消費SPが0であるということ。ヒールにかかるSPを減らせるのなら、アクティブスキルにまわせるSPが増えます。つまり、上で触れたヒール使用時のジレンマを解消できる可能性があるということであり、実装直後からいつかは使ってみたいと思っていた武具のひとつでした。スキル再振りでヒール10を選択したのも、転生前に桃樹盾の使い勝手を確認しておきたかったから。


 というわけで、試し切り(?)も兼ねて世界をぶらぶら。尋ねてみたのは時計地下4・SD5・ルルカ森の3箇所。結論から言うと、ジレンマの解消につながる局面は非常に限られてくると思います。
 主な理由は以下2点。

 1.回復源として当てにするには発動率がやや低い。
 2.スキルを多用すると、ヒールの発動機会が減る。

 1について、プロボ→全殴りの場合で、体感では20回〜40回程度殴る間に1回発動するかしないかだったと思います。バッシュHXを開幕時に1〜2発混ぜるならば、大体Mob2〜3匹に1回発動する程度。これを高いと見るか低いと見るかは人それぞれですが、わたしは当てにするには少し物足りないと感じました。
 2については、スキルを使用するためにSPをケチりたいのに、スキルを使用するとヒールが発動しないのでは元も子もないわけで(ノ∀`)。・・・ASの仕様上仕方がないのですけどね。


 で、現状でジレンマを解消できそうなのは次の局面。

 1.被ダメが小さく3減が必要ない。
 2.3減盾が存在しない、もしくは存在しても非常に高価。

 1は時計地下4やジュノーF・ウンバラFあたり。2はアノリアンやカリツあたりが該当するでしょうか。ニブル秘境は両方の要因で桃樹が使えそうですし、谷でロリ以外のMobに使うのも面白そうです。深遠魔剣を相手にしないなら騎士団でも桃樹有利になりそうだとは思います。
 ただし、高レベル狩場である程度真っ当に狩る場合、安定させるなら3減を用いるほうがいいでしょう。ジレンマが解消できるかどうかは、狩場と高ATKMobへの対処方針で規定されるといえるんじゃないでしょうか。
 また、ジレンマが解消できるとはいっても、1体につきバッシュHXを1発増やせるかどうかといったところなので、劇的に数値が変わるわけでもなさそうですね。

 そもそも、某所に上がってくる報告にしたって、「ヒールの手間が省けて楽」だとか「TV見ながら狩りできる」だとか。確かに、手動でヒールしなくてもHPが常時半分以上残るというのは非常に楽なんですけどね、精神的にも狩りの手続き的にも。
 ・・・まったりさんはどこまでいってもまったりのようです(ノ∀`)。


 長々と書いた割には至極当たり前の結論に落ち着いてしまいましたが。ごく限られた場合ではあっても、ヒールのジレンマを解消できるのは魅力的です。ソロ狩りがしにくかったいくつかの狩場を回って、実際の恩恵を確かめてみようかなと思います。


・拍手お返事。
 > ホム獲得おめでとうございます
 > 過疎鯖で槍クルセやってますが系統は違えど同じクルセ同士頑張りましょう!!
  ありがとうございますー(*´∀`)
  槍と片手は基本的なコンセプトが似てますからねー。お互いに高めあっていけるといいですね。

| しるふぃむ | RO:AGI片手クルセ概論 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shilphim.tblog.jp/trackback/86571
トラックバック