くらげなうぇぶろぐ。

freya鯖在住、プチ強い殴りアコの徒然書。
何の変哲もないWeb日記ですが、楽しんでいただければ幸いです。
CALENDER
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
転生後について考えてみる。
 あらなんともなや、なくらげです。こんにちは。

 昨日の夕食は河豚鍋でした。近所のスーパーで安く売っていたのを購入。毒におびえつつ食してみたのですが、調べてみると毒性のない種類だったそうです。毒がないとわかってはいても、食べて数時間はどきどきしてました。
 河豚の毒に当たると体が麻痺して呼吸困難になるそうなのですが、その間は意識がずっとはっきりしているんだそうです。自分が死んでいく過程を実感してしまうわけで・・・怖いですね。


 RO。
 そろそろ、転生後のことも考えてみます。

 ステの候補はいまのところ3パターン。

 A案
  HP12037/SP818(15)
  STR80+10/AGI91+8/VIT20+10/INT31+7/DEX52+8/LUK1+3

 B案
  HP11265/SP889(17)
  STR80+10/AGI91+8/VIT10+10/INT43+7/DEX42+8/LUK1+3

 C案
  HP11651/SP782(13)
  STR90+10/AGI91+8/VIT15+10/INT25+7/DEX42+8/LUK1+3

 99/70で想定、装備補正は羽耳のみ。HPはフェイス込み、SPの()内はSP回復量。
 どの案でもSTR90↑−AGI100は確定。DEXも最低50は確保するため、総じてスペックは転生前より高くなります。DEX・INT・VITは新狩場の様子を見て多少調整することになると思います。LUKは初期値の予定なのですが、20くらい振ってると意外と恩恵があるんですよね。衝動的にVIT削ってLUKに振ったりするかもしれません。

 A案は近接攻撃を重視。高めのHITで堅実に当てていきます。転生前にHIT不足を感じたロリやJK、ちょっと当てにくいシャア・魔剣・深淵あたりの相手がしやすくなると思います。反面、火力やSP周りは転生前と変わりません。
 B案はGXの運用を視野に入れたタイプ。STR90−INT50でのGXは大きな火力。常用はするのは難しいですが、十分な切り札になると思います。アクティブを多めに使っていけるのもポイント。DEXにやや不安を感じるのが欠点でしょうか。
 C案は与ダメに拘ったタイプ。STR100+Signの火力は未知の領域です。アクティブ・パッシブともに現状より大幅に強化されます。反面、DEXに不安が残り、STRを活かしきれない局面が出そうです。ステポイントの都合でINTが抑え目になるため、SPがやや心許ないのも気になります。

 どれも一長一短。ペア時はSPの心配がないので、ソロの利便性を考えて判断することになりそうです。
 リヒタルゼンは、生体2F以上のソロおよびペアは難しいと判断。生体1Fなら現状ステで十分だったりします。ノーグハルトのMob情報なんかもまとめておかないと・・・。

 スキルはこういう方針で。
 転生前と同様のヒール・プロヴィ型に、範囲火力の強化と高FleeMobへの対応を兼ねて高LvGXを取得します。この後ペコに行くか盾に行くかは未定。♂パラは徒歩のほうがグラが好きなのですが、嫁さんと狩に行くことを考えるとペコがほしいかな、と。盾にしたほうがプレイの幅は広がるのですが、嫁さんとの狩りを考えれば防御よりも攻撃力を重視したいとも感じます。

 そんなこんなで迷い中。いずれにせよ、BASE93/JOB53までは一直線なので、そのころ考えればいいかな、なんて。他のAGI片手パラの方の話も聞いてみたいですねー。


 第30回クルセ祭に参加してきました。アマツ3Fでチャンバラショーをしたり、割れる酒瓶を惜しんだりしてました。青箱が550k(相場は350k〜400kほど)で買い取られるという珍事があったりしつつ、無事終了。
 参加された方、おつかれさまでした。

| しるふぃむ | RO:クルセ祭 | 23:59 | comments(1) | trackbacks(0) |

コメント
ワタシはC案に一票かな?
しかし、これだと一般的な殴りプリと変わらんかも;;
| 酒修練 | 2006/01/30 9:33 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shilphim.tblog.jp/trackback/71067
トラックバック