くらげなうぇぶろぐ。

freya鯖在住、プチ強い殴りアコの徒然書。
何の変哲もないWeb日記ですが、楽しんでいただければ幸いです。
CALENDER
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
トール火山2Fの歩き方。
 絶賛勤務中のくらげです。こんにちは。

 ごぉるでんうぃいく?
 あぁ,「仕事がたくさん進む週」って意味ですね!!


 ぼかろ。・・・ぼかろ?
 ご存じの人はご存知かもしれませんが,くらげは学生オケでバイオリンを弾いておりました。今でも気が向いたら楽器を鳴らしますし,バイオリンに限らずクラシックの曲は大好きなのです。

 というわけで。







 ・・・右下気にせずこれらの動画を楽しめるのって,本当に幸せだと思う。

 このモモレンジャーさん,本当に上手。特に弓元のでの返し。ビブラートが同じだったり,シフトの癖というか考え方も同じようなので,見ていてとても参考になります。
 おかげで,ばいおりん熱がむらむらと・・・。


 RO。
 だいぶ安定するようになってきたので,トール火山2Fの歩き方を紹介してみます。
・はじめに。
 火山2Fで主にノッカーをメインで狩ることを想定しています。
 「インプ狩りてーよ」という方,「クエで2F抜けたいんだよ」という方は,申し訳ありませんが他を当たってください。

・装備。
 武器は小型or悪魔or土特化or火属性武器。付与かコンバータが使えるのであれば特化武器のほうが無難でしょう。ただし,付与するとカホやマグマリンの相手がし辛くなるので注意。
 防具は,ノッカーを相手にするだけならそれほど敷居は高くありません。AGI型ならFLEEを190確保してあとは自由,VIT型ならレイドがあれば十分です。悪魔盾はあれば助かる程度,AGI型なら必要ないこともあるでしょう。砂まき対策に目隠しかデビルチ挿頭装備があると便利かもしれません。
 ただし,事故死を防ぐためにあったほうが良い装備がいくつかあります。まず,インプのFBl対策の火鎧。無対策だと6k〜8kほど抜けてくるので,剣士系以外でVitを振ってない人だと即死する危険性があります。弓ガディ対策に人盾かホルン盾もあると便利かもしれません。弓ガディのASPDは非常に速いうえに遠距離から撃ってくるので,気が付いたら転んでいることもあります。剣ガディのSpBを耐えようとするとハードルが非常に高くなるので割愛。

・いちばん大切なこと。
 とにかく,即死のリスクを極力避けること。
 具体的には,剣ガディ,弓ガディ,サラマンダーの場所を早めに特定すること。見かけた他の人に尋ねてもよいですし,最初のうちはハエメインで移動するのもよいでしょう。
 特に剣ガディは場所を特定できないと常に即死のリスクが付きまといます。最優先で場所を特定して,その付近には近付かないこと。


見にくくてごめんなさい。

 火山2FのMAP構造は,広間と通路で構成されています。
 オレンジの数字がエリア番号を,緑の線がエリアのだいたいの境界を,それぞれあらわしていると思ってください。

 大物Mobは,意図的に動かさない限りひとつのエリア内をうろつくことが多いです。ただし,2〜4,4と5,9〜10は移動することが比較的多いので油断しないこと。7と8は,7の北西と8の北東とを通って移動することがあります。
 たとえば上のSSのマーカーの場所で剣ガディを見つけた場合,赤で囲った範囲は非常に危険なので近付かない。また,青で囲った範囲に移動している可能性も高いので,そのあたりにテレポアウトしたらすぐにハエを使えるようにしておくこと。
 大物Mobではありませんが,インプの処理が難しい場合,インプの位置も大まかに覚えておくとよいでしょう。

・ガーディアンがいません。
 あらかたの範囲を確認してもガーディアンが見つからない場合,倒されていると考えてよいでしょう。しばらくは平和なトール火山2Fをお楽しみください。
 ただし,大物Mobがいつ倒されたのかがわからない場合,沸く可能性があるので注意しましょう。サラマンダーは5時間沸きですが,ガーディアンは2時間湧きです。油断していると横湧き→SpPでデスペナをプレゼントされることがあります。

・索敵はどうする?
 索敵時の基本は,できるだけ動かないこと。そして,物影をうまく利用すること,です。

 索敵については,剣士系ならプロボックで釣るのがよいでしょう。その他の職の方も遠距離で釣れるスキルを活用してください。

 遮断物について。


インプとの位置関係に注目。


インプに合わせて位置を変えます。

 マップには石柱などの遮断物が多いので,これを使うとMobの索敵を阻害することができます。主にインプ避けに使うことが多いのですが,弓ガディや剣ガディに遠距離から狙われる可能性を下げることもできます。事故防止の観点からは後者のほうが重要。
 ただし,遮断物があるからといって過信は禁物。安全のためには,スキルを使うなどして早めに処理し,速やかにその場から離れるほうがよいでしょう。

 遮断物は石柱だけではありません。


3方向を崖に囲まれています。


矢印の方向が崖の影になります。

 こういう地形も障害物として利用できます。

 上のSSのような地形は他のMobから発見されにくいので,Mobを釣って処理するのに向いています。下のSSのような地形は,緑のラインで囲った範囲からの射線が切れます。
 これらの地形をうまく利用することで,敵に見つかる危険性を減らすことができます。

・他に狩りをしている人がいます。
 トール火山2Fの場合,ノッカーメインで狩る人と,インプメインで狩る人がいます。

 剣士系,シーフ系の場合,ノッカーをメインで狩ることが多いです。この場合,大物Mobが動くことはありませんが,競合することになるのでMobの配置が偏ることがあります。大物Mobに近づくときは注意すること。

 プリ系や弓系がインプメインで狩ることがあります。この場合,ノッカーの配置が偏ることはありませんが,インプの場所が変わるので注意。邪魔なインプを処理してくれるので,ノッカー狙いの人にはありがたかったりします。

 Hプリやペコ乗り剣士系がアスムスクロールを使っている場合,大物Mobの場所を移動させることがあります。狩場でそういう人を見かけた場合,思わぬ場所で大物に襲われることがあるので注意。

・まとめ。
 トール火山2Fで安全に狩るためには,とにかくカホ以外のアクティブMobからタゲられる回数を減らすことです。この点にさえ気をつければ,意外と安定して狩ることができます。
 安定しさえすれば,破格のJob効率と金銭効率が両立する非常に良い狩場です。レアも期待できますし,Morrocパッチで追加されるカードには需要が期待できます。

 トール火山2Fでのスニークスキルを身につけて,この素敵な狩場を楽しんでみてください。




| しるふぃむ | RO:AGI片手クルセ−狩場報告 | 15:08 | comments(2) | trackbacks(0) |

コメント
研究室にバイオリンを持ち込む前に彼女を (接続がキャンセルされました
| 凪絵 | 2008/04/29 6:57 PM |

>凪さん
 ・・・社会的に死ねと仰るか(笑)
| くらげ。 | 2008/05/04 3:09 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shilphim.tblog.jp/trackback/182289
トラックバック