くらげなうぇぶろぐ。

freya鯖在住、プチ強い殴りアコの徒然書。
何の変哲もないWeb日記ですが、楽しんでいただければ幸いです。
CALENDER
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
笑いの聖地
 暑さに溶けそうなくらげです。こんばんは。

 土日は京都で仕事があったのですが、京都に行くと必ず宿で朝ごはんを食べるようにしています。「京都の朝ごはんなんてただの和食だろ」という人もいるとは思うのですが。いぇ、たしかにそのとおりなんですけど、小鉢にいろんなものが出て、もの凄いボリュームなのです。
 今回の宿はアパホテル京都駅前。最近売り出し中のビジネスホテルです。朝食は和食のバイキング形式だったのですが、料理が典型的な京料理だったのが嬉しかったです。まさか全国チェーンのビジネスホテルの朝ごはんで冬瓜のそぼろ餡かけが食べられるなんて思いもしなかったですよヽ(*'ー')ノ。期待はしてなかったんですけど、嬉しい誤算でした。
 そういえば、入り口で氷結の試飲缶を渡されました。なるほどと思わされた一瞬でした。


 仕事は土曜日で終わり、日曜日はオフでした。
 というわけで、時間が余ったのでなんばグランド花月に行ってきました。ご存知の方も多いでしょう、吉本興行の本拠地です。
 開場30分前に着いたのですが、すでにチケット売り場に列ができていました。行ったのが夏休み最初の日曜だったということもあるんでしょうけど、吉本の人気の凄さを身をもって体験できた気がします。チケットはすでに売り切れていたので最後列から立見席で見物しました。腰は痛いのですが、風情があっていいですね。
 中は飲食可能で、開演前や休憩時間中には売り子さんが客席を回ります。売ってるものが飲み物とたこ焼だけなのは流石というか何と言うか。
 肝心の芸ですが、テレビで見るのとは違うということを感じました。テレビの前ではニヤニヤしてる程度のネタでも、生で見ると爆笑してしまってる自分がいたり。
 そんなわけで、ここ数週間分のストレスを発散してきました。人間、笑わないとダメですねー。


 新大阪で新幹線を待ってる間に丹山酒造の「しぼったそのまま」を発見したので査収。亀岡のお酒なのですが、灘・伏見系のお酒とはぜんぜん違いました。しんのある旨口のお酒なのですが、それでいてとってもまろやかでフルーティ。今まで飲んだお酒の中でも五指に入ると思います。
 ついでに、龍力の試飲もしてきました。こっちもフルーティで力のあるお酒でした。やや高かったのが残念。純米酒で1600円はちときつかったです。同じ値段で亀齢の純米吟醸が買えますし、ね。亀岡に特別な思い出があるのは触れない方向で。


 そんなこんなで舌も心もリフレッシュ。お盆休みはなさそうですが、頑張ろうと思います。


| しるふぃむ | 日々雑感 | 21:48 | comments(2) | trackbacks(0) |

コメント
アパホテルか。
ワタシも去年、東京の方で利用した事が有りましたが、部屋の冷蔵庫には「フコダイン茶」が仕掛けられてました(滅
ワタシも氷結の方が良かったぞーヽ(`Д´)ノ
| 酒修練 | 2006/08/01 1:12 AM |

>酒修練さま。
 それはね、酒修練さまの肝臓を心配したホテルのひとの心遣いだったんですよ。

 ・・・余計なお世話ってやつですね。
| しる@くらげ。 | 2006/08/05 11:00 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shilphim.tblog.jp/trackback/101370
トラックバック