くらげなうぇぶろぐ。

freya鯖在住、プチ強い殴りアコの徒然書。
何の変哲もないWeb日記ですが、楽しんでいただければ幸いです。
CALENDER
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
退魔クルセの行く末。
 二日連荘で飲み会だったくらげです。こんばんは。

 昨日は某プロジェクトの打ち上げで飲み。学士会館内の某レストランでフルコースをいただきました。料理と酒も然ることながら、ウェイターさんのスキルに只々感動。プロの技ってすごい。
 今日は研究室の忘年会。先生は先生たちで忘年会をするとかで、お目付け役なしでの飲み会になりました。まったりモードと妙なハイテンションが入り混じり、なんだか不思議な雰囲気に・・・。

 二日連荘で贅沢したので、暫くは食費をケチろうと思います。せっかく土鍋が使えるようになってきたので、土手煮とか雑炊とか作ってみよう。
 そういえば、広島には土手煮がないそうです。こっちの友人後輩に訊いても、誰一人として知らない。ようやく見つけた店で注文してみたら、味噌の入ってない只の煮込みが・・・。えぇ、卓袱台ひっくり返そうかと思いましたよ。味噌の入ってない土手煮なんか土手煮じゃないやい。゚ヘ(*`Д)ノ゚。
 余談ですが、土手煮は鍋の周りに土手のように味噌を盛り付けるから土手煮というのです。決して、わたしの好みの問題ではありませんので悪しからず。


 RO。
 いろんなサイトで調べたり、熊の人に相談にのってもらったりしつつも、転生後のビジョンが描ききれてなかったりします。

 しるのキャラ設計としては、避けて敵を狩る剣士スタイルで、聖属性剣技と回復魔法・支援魔法を行使し、対不死・対悪魔戦を得意とする、というものを想定していました。イメージとしては・・・ロードスのファーン卿やFEのシリウスに近い感じでしょうか。現状としては、範囲火力に欠けはするものの、これらのキャラ立てを不満のない水準で達成していると思います。

 しかしながら、転生するとなれば今より一段上の強さを目指したいもの。幸いにして、パラには癖があるものの決まれば強力なスキルが3種用意され、さらに一種類が追加されます。また、クルセ時代は両立できなかったいくつかのスキルを両立することが可能となります。問題は、新たな力として何を選ぶのか、それによって何ができるようになるのかということです。

 例えば魔法剣士の人の場合、転生後はRSの取得が視野に入ってきます。RSの反射ダメにも宝剣AS発動判定が発生するので、RSを取得することでASによる火力を増強することが可能になります。また、RSを活かすためにAGIを一段階落とし、代わりにSTRやDEXに振り分けるという選択肢も。
 要は、キャラの基本設計はそのままに、より攻撃的なキャラを育成できるようになり、ステ振りの幅も広がるということです。

 それでは。退魔型のAGI片手クルセの場合は、何ができるようになるのでしょうか。しるの現在のスキル構成はこれ、それを踏襲した路線としてここまでは確定しています。献身やサクリは取れないため、この後の候補は以下に絞られます。

 (1)GX10+騎兵
 (2)SdCn5(ヒールは9止め)
 (3)SdC1+騎兵・GX。
 (4)槍修練+SQ1+騎兵
 (5)ゴスペル10
 (6)プレス5

 (1)GXの範囲+必中で攻撃力を底上げします。対不死闇の火力増強・高FleeMobへの攻撃手段の確保、といったところでしょうか。イメージ的にも退魔クルセっぽいですね。
 (2)・(3)はソロ火力よりもPT時のオプションを追求した形です。(2)の場合はGXを取得できますが、騎兵まで視野に入れるとGXやヒールのレベルが抑え目になります。中レベルGXは使えて監獄・カタコン止まりなので、それ以上の狩場では現状と変わらないという問題もあります。
 (3)はSdCnまで取得、範囲火力を切って単体火力に賭ける形になります。ペア以上ではそれなりに活躍の場もあるのでしょうが、ソロでの運用がいまいちイメージできないのが不安。絵的にも聖騎士っぽくないしね。
 (4)以下は取れるというだけで取る気はありません。ゴス10に惹かれなくもないですが、対人戦には興味ありませんし。アビスやタナトスあたりでは一瞬だけ展開したりするのもありかもしれませんが、それなら1か5で十分ですね。

 今のところ、(1)が本命で(2)が対抗といったところでしょうか。いずれにせよ、火力の大幅な向上は見込めないものの、GXを取ることで低めの火力が若干改善されそうです。


| しるふぃむ | RO:AGI片手クルセ−チラシの裏 | 23:59 | comments(3) | trackbacks(0) |

コメント
ゴスペルの本当の価値は、祭やギルド狩りなど、多人数での狩りで体感できます。
+20キター!、SP3kとかありえねー!とか、
楽しそうな仲間たちの声を聞くのが凄く楽しいのです。

それだけ?・・・うん、それだけw
| ふぇるま〜 | 2005/12/17 8:17 PM |

ん〜…確かに、転生後のスキルとしてRSは視野に入っているけれど、そのためにAGIを落とすつもりはさらさらないです。
片手剣特化で、常時盾を持っているならばそれでもいいけれど、私の場合、宝剣宝槍両方使う(高レベルになると槍の方が多い)ので、AGIを削ってしまうと戦いにならなくなってしまうので^^;
RSで発動するASは、あくまで「出たらラッキー」くらいの感覚で、過剰な期待はしないほうがいいかなとw
| マリン=スフィアー | 2005/12/18 2:14 AM |

>准将
 それは楽しそうですね。
 斯く言うわたしも、お世話になってるBSさんを支援するためにゴス1とる予定ですし。

 ただ、それだけなら1で十分なんですよね。
 10必要になるのは狙った効果がより確実に必要とされる場合、
 すなわちGvに限られると思います。

>マリンさん
 RSの話はキャラの方向性が広がる一例なので悪しからず。
 AGI型なら避けてナンボですしね。

 ただ、実際の運用形態は別としても、
 取得することで常時火力を上げられるスキルがあるのは羨ましいです。
| しる@くらげ。 | 2005/12/20 8:54 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shilphim.tblog.jp/trackback/64790
トラックバック