くらげなうぇぶろぐ。

freya鯖在住、プチ強い殴りアコの徒然書。
何の変哲もないWeb日記ですが、楽しんでいただければ幸いです。
CALENDER
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
温故知新。
 出張なのに旅費けちって実家泊のくらげです。こんばんは。

 第13回十字軍祭、無事終了したようです。参加者、スタッフのみなさま、おつかれさまでした。

レポートはこちら。
 →小さな宝箱
 →うらばなし(ぉ

 レポ内では大御所扱いされてるフェアさん死神さんですが、参加され始めたのは第8回くらいからだったりします。レポ主のちくりんと同じくらいではなかったかな。それで大御所扱いされてるってことは・・・貫禄があるのか、大御所オーラを発しているのか(笑)。

 昔話。
 第5回くらいまではスタッフ制度すらなくて、その後第10回くらいまでは試行錯誤の繰り返しでした。ここ最近は落ち着いていますが、それまでは祭中に指摘をいただくこともしばしばありました。とはいえ、朝令暮改の運営では却って混乱するだけなので、それらの指摘は意図的に封殺していました。頭が固いと言われればそこまでですが。
 そんなこんなで回だけは重ねていますが、決して順風満帆であったわけではありません。いつしかみえなくなった方もたくさんいます。現在のリピータさんは、第6回以降の混乱がおさまりかけた第8回前後からいらした方が多いように思います。逆に、第5回以前から参加していただいていた方は、あまり見かけなくなってしまった気がします。第5回以前のこぢんまりとした雰囲気はなくなってしまっていますし、仕方のないことかもしれません。ただときどき、あの頃が無性に懐かしくなったりします。・・・年かな。
 最近は、第5回以前に参加していただいていた方たちが、今の祭をどう思うのか聞いてみたいと思います。失くしたものと得たものを天秤にかけるのは愚かな行為ですが、振り返ることで見えるものもきっとあるはずです。

 今回は参加できませんでしたが、第14回はおそらく参加できると思います。参加できないくらい忙しいなら、それはそれでありがたいことなんですけどね。
 わたしは、予告どおり手羽先・串かつ・土手煮と、名古屋を満喫してました。広島の土手煮はすまし仕立てでひどくショックを受けていたのですが、名古屋の土手煮を食べて満足満足♪ やっぱり、土手煮は赤味噌じゃないとダメですね。
 って、何の話をしてるんだか。


宣伝
 ・花束市場

| しるふぃむ | RO:クルセ祭 | 01:56 | comments(1) | trackbacks(0) |

コメント
うへ、クルセ祭りの歴史勉強になるなーw
マリンさんや死神さんは祭り参加歴はそんなに古くないのかもだけど。存在感ありますよねw
やっぱ印象深いんだよね自己紹介のときにwオーラ出てますわw

| ちくりん | 2005/05/16 6:47 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shilphim.tblog.jp/trackback/25007
トラックバック